小技コーナー
 Stata工房
Stata工房


Stataの主役をなす機能はもちろん統計解析に関する機能であるわけですが、それらを円滑に効率良く実行し、価値の高い出力結果を導くためには、データ管理やグラフィックスに関する知識・ノウハウも欠かせません。本小技コーナーではStataユーザにとって有用と思われる情報を集積し発信して行きます。
 

new:   Stata14で新たにサポートされた機能
 区分  機能項目 小技
 日本語環境  Unicodeへの変換 NEW tb033
 統計解析支援機能  推定結果中における値ラベルの扱い tb032
 演算子 tb016
 データの格納形式 tb020
 行列の操作 tb021
 係数値の参照 tb022
 欠損値の扱い tb007
 時系列演算子 tb011
 システム変数_n, _Nの用法 tb005
 一時データのスカラー変数への保存 tb006
 添え字付き参照 tb010
 日付情報の入力 tb018
 推定結果の表示様式 tb026
 データの表示様式 tb019
 文法豆知識 tb017
 乱数発生用関数 tb015
 グラフィックス  関数グラフのプロット tb012
 ギリシャ文字、太字、斜体等の使用 tb001
 グラフィックスサイズの指定 tb002
 凡例のプロット領域内への配置 tb013
 グラフィックスの結合 tb014
 操作・運用  作業用ディレクトリの変更 tb008
 ヘルプシステムとPDFマニュアル tb009
 moreコンディションの扱い tb031
 データ管理  値ラベルの設定 tb024
 変数の削除 tb023
 MS Word  出力結果のcopy & paste tb004

 

new:   Stata13で新たにサポートされた機能
 区分  機能項目 小技
 統計解析支援機能  推定結果中における値ラベルの扱い NEW tb032
 演算子 tb016
 データの格納形式 tb020
 行列の操作 tb021
 係数値の参照 tb022
 欠損値の扱い tb007
 時系列演算子 tb011
 システム変数_n, _Nの用法 tb005
 一時データのスカラー変数への保存 tb006
 添え字付き参照 tb010
 日付情報の入力 tb018
 推定結果の表示様式 tb026
 データの表示様式 tb019
 文法豆知識 tb017
 乱数発生用関数 tb015
 グラフィックス  関数グラフのプロット tb012
 ギリシャ文字、太字、斜体等の使用 tb001
 グラフィックスサイズの指定 tb002
 凡例のプロット領域内への配置 tb013
 グラフィックスの結合 tb014
 日本語環境  ラベル、グラフィックス中での日本語の使用 tb003
 操作・運用  作業用ディレクトリの変更 tb008
 ヘルプシステムとPDFマニュアル tb009
 moreコンディションの扱い tb031
 データ管理  値ラベルの設定 tb024
 変数の削除 tb023
 MS Word  出力結果のcopy & paste tb004

 

Stata 12

new:   Stata12で新たにサポートされた機能
 区分  機能項目 小技
 インストール  インストール上の注意事項 tb000
 統計解析支援機能    演算子 tb016
 データの格納形式 tb020
 行列の操作 tb021
 係数値の参照 tb022
 欠損値の扱い tb007
 構造方程式モデリング(SEM) NEW tb029
 時系列演算子 tb011
 システム変数_n, _Nの用法 tb005
 一時データのスカラー変数への保存 tb006
 添え字付き参照 tb010
 多重代入(MI)機能 - 使用上の注意 tb030
 日付情報の入力 tb018
 推定結果の表示様式 NEW tb026
 データの表示様式 tb019
 ビジネスカレンダーの設定 NEW tb028
 文法豆知識 tb017
 乱数発生用関数 tb015
 データ管理     Excelインポート NEW tb025
 値ラベルの設定 tb024
 作業用ディレクトリの変更 tb008
 変数の削除 tb023
 グラフィックス     関数グラフのプロット tb012
 ギリシャ文字、太字、斜体等の使用 tb001
 グラフィックスサイズの指定 tb002
 凡例のプロット領域内への配置 tb013
 グラフィックスの結合 tb014
 操作・運用   変数属性の設定/変更 NEW tb027
 ヘルプシステムとPDFマニュアル tb009
 moreコンディションの扱い tb031
 日本語環境  ラベル、グラフィックス中での日本語の使用 tb003
 MS Word  出力結果のcopy & paste tb004